【活動理念】

The workshop on physical exercise
「整形外科クリニック 外来リハ専門の勉強会」
代表者:三井祐紀(理学療法士・CSCS)

新卒であっても
整形外科クリニックの臨床で困らない。
その為に必要な考え方を伝える。
これが当勉強会のテーマです。

あなたは今、
臨床でこんな風に思っていませんか?

  • 限られた外来時間で何を診ればよいのかわからない・・・
  • どこから評価をすればよいのかわからない・・・
  • どこまで評価すればよいのかわからない・・・
  • 評価はしてみたけど、痛みとどう関連があるのかわからない・・・
  • 患者さんへの説明がうまくできない・・・
  • 次回までに改善していなかったら、、、と思うと気持ちが重くなる・・・
  • 自分のリハビリがふがいなくて患者さんに申し訳ない・・・
  • もう来なくなってしまうのではないか、、、といつも冷や冷やしている・・・

こんな思い、
特に、経験の浅い方々には
多いのではないでしょうか?

先ほど挙げた数々の悩み
これらの悩みは、私自身が抱えていたものです。

新卒でクリニックに入職した当初、
いつもいつも、毎日毎日
悩みまくっていました。。。

「触診で関節包やら靭帯やらを細かくちゃんと見分けないといけないのかな。。」
「仙腸関節の微妙な動きを読み取って、関節運動にアプローチしないといけないのかな。。」
「筋膜のつながりを読み取って、患部外から治療していかないといけないのかな。。」
「内臓??呼吸??脳脊髄液??皮膚??癒着??滑走不全??トリガーポイント??」

まぁとにかく悩みました。
全然わからなかったから。。
新たな世界を教えてもらっても
新卒の自分には、
うまく感じ取れませんでした。

「先輩たちは非常に繊細な情報を読みとっている。。」
「でも自分には全然わからない・・・」
「教えてもらったのに、ちゃんと出来ているのかさえ判断できない。。」
「これで本当に合っているのかなぁ・・・」

わからない。。
自信もない。。
どうすればよいのか調べても、
結局よくわからない。。。

リハビリを担当しても、
自分のやっていることに不安がつきまといました。
ちゃんと意味があるのか?
結果につながるのか?
患者さんの役に立てているのか?
全く自信が持てない期間を過ごしていました。

諸先輩方が通った道では
自分はやっていけない。。。
そう割り切ってからは、目線を変えました。

誰にでも当てはめられる
基礎知識から考えてみよう。

それまでは、
新卒の自分にとって必要なものは
学校では習ったことがない
臨床用の新たな知識
だと思っていました。
だから、
新たな知識を詰め込もうとしていました。
そして挫折。。。

そうではなく、
まずは基礎知識から
1つずつしっかりと考えてみよう。
そう思うことにしました。

生理学
解剖学
運動学・バイメカ

やってみたら
臨床の悩みが少しづつ減ってきました。

これらの基礎知識は「ヒトの基本」です。
ちゃんとポイントを押さえれば
当然、臨床はうまくいくんです。

どのヒトにも当てはめられる知識
そこに基づいて考え始めてから
1つ1つ別々にしか考えられなかった
数多くの身体の問題点が繋がってきました。
因果関係がわかるようになってきました。

なんでアライメントがこうなのか
なんで筋力がこうなのか
なんで柔軟性がこうなのか
なんで姿勢がこうなのか
なんで動作がこうなのか
個々の問題点がちゃんと繋がりました。

点と点が繋がって線になる。
線と線の結びつきが見えて全体像が把握できる。
そんな感じです。

悩んでいる方々は、
はっきり言って、細かく考えすぎです。
もしくは、
基礎をおろそかにし過ぎです。

シンプルに考えられるようになると、
先輩方が行っていた繊細な世界も
何となくわかるようになってきました。

悩みの種でもあった繊細な方法の意義も
ちゃんと見えてきました。

(実際に臨床で使うかどうかは別として)

あの時あれだけ悩んでいた自分。
その自分にいま言いたいことは
「頭を使ってちゃんと考えること!」
「やり方だけをマネしないこと!」

自分の頭で考えること。
大事です。
目の前の患者さんの身体の中を考える。
いったい身体の中で何が起きているのか?
これを考えることが大事です。

なぜ痛みが引き起こされたのか?
筋力・柔軟性・アライメント・姿勢・動作
これらの各種問題点と痛みの繋がり
これをちゃんと考えれば、
臨床でやるべきことは必然的に導き出せます。

私がお伝えしている基礎知識は
リハビリ従事者なら誰でも一度は習っています。
誰もが必ず習ったはずのことですが、
知っているというだけでは不十分です。

その基本知識を「どう使うか」が重要です。
うまく運用できれば、臨床は大きく変わります。

細かい方法論であれこれ悩んでいる方々、
細かい知識をとりあえず痛みと関連付けて
その場を何となくやり過ごすようなやり方は

もうやめにしませんか?

細かい知識が無くても
整形外科領域の臨床では結果を出せます。

基礎知識の押さえるべきポイントを押さえ、
理解しておくべき知識を正しく理解する。
特別な技
特別な感覚
特別な知識
必要ありません。
全ては「誰もが習ったはずの基礎知識」に答えがあります。

とにかく、
整形外科クリニック・
外来リハの臨床では、
基礎知識に基づいた評価と運動療法だけで
ちゃんと
結果を出せます。
「特殊な技」が必要なわけではありません。

新卒だろうがなんだろうが、
そんなことは関係ない。
とにかく、
基本知識に基づいて考え、
誰に対してもぶれない評価と
個別的で確かな運動療法を通じて
着実に結果を出す。

当勉強会を受けて頂いた方々には、
みんなそのようになって頂きたいと思っています。


さて、ここから先もまだ長いです。。
興味があって、
お時間のある方に読み進めて頂けたらと思います。

繰り返しになりますが、
整形外科クリニックのリハビリは、
評価と運動療法だけで結果を出せます。

様々な手技や治療方法があることは認めます。
しかし、
運動療法をしなくても済むなんてことは、ありえません。

それはなぜか?

痛いと感じている患部には
必ず存在しているものがあります。
それは、「組織を損傷する力」です。
または「組織を損傷した力」です。
組織損傷の結果として「痛み」は生じています。

つまり、
「組織を損傷する力」を取り除かなければ、
回復・再発予防はできません。

この「組織を損傷する力」は、
何によって引き起こされているか?
私は以下の2つだと思っています。
「日常的な不良姿勢」
「負担となるからだの動かし方」
これらによって引き起こされています。

仮に、
各種手技による「やってあげる治療」で
姿勢や動き方を改善したとします。
しかし、
その理想的な状態を
毎日ご本人に維持してもらうことは
可能でしょうか?

私は不可能だと考えています。

患者さん自らが、
自分の身体を正しくコントロールする
その為に必要な方法を覚えて、
患部にかかる日常的な負担を減らす。
そうしなければ、
いつまでも治りづらい状態が続きます。
安静期間を経て痛みが改善したとしても、
いつかまた再発してしまいます。

根本的問題点解決のためには、
「やってあげる治療」だけでなく
「やってもらう治療 = 運動療法」
これが必須です。


話が少し変わりますが、
皆さんにとってリハビリとは何でしょうか?

私的にリハビリとは、
患者さんの身体状態と
理想の身体状態の間にあるギャップ
これを埋めるために、
最も適切な手段を提供すること。
こんな感じだと思います。

高齢者だろうが
スポーツ選手だろうが、
対象者が誰であっても、このことは不変です。

つまり、
リハビリで最適な手段を提供するためには、
患者さんの身体状態を把握すること
=「身体評価」
理想の身体状態を把握していること
=「知識と考える力」
この2つが必須です。

その上で、
身体評価結果を踏まえて、
理想と現実のギャップを把握して、
最適な手段が何なのかを判断しなければなりません。
極論、リハビリはこれに尽きると思っています。

しかし、
最近の溢れるほどの様々な情報に振り回され、
適切な判断ができなくなってしまうことがあります。

「最近注目されているから〇〇を勉強しよう」
「◇◇が大事っぽいから、その方法でやってみよう」
「今度は△△が注目され始めた、、じゃぁ、、、」

  • 今までにはなかった、全く新しい着眼点であるかのようなキャッチコピー
  • この疾患にはこれだっ!的な謳い文句
  • まるで唯一の正解であるかのような魅力的な言葉の数々

たくさんの情報が世の中にはあります。
それらの全てが悪いわけではありません。
しかし、
現場経験値の少ない方々にとっては、
様々な情報に困惑してしまうと思います。
「いったい何が正しいのか??」
「自分にはいったい何が必要なのか??」
こんな風にわからなくなってしまい、
とにかく、
いろいろ学ばなければいけない・・
そんな気がしてしまうのではないでしょうか?

多くのことを勉強することや、
世の中にある様々な考え方。
それ自体を否定するつもりは全くありません。
しかし、
新たに脚光を浴びる方法が出てくる度に、
自分のやり方や考えがフラフラと流されたり、
迷いが生じている場合はよくありません。
そのような場合
は、
最適な治療手段が何なのか?を
判断することができなくなっているからです。

書籍・セミナー・論文など
多くの情報が自由に得られる時代です。
自分から望まなくても勝手に目に入ってくる。
そんな情報過多な時代です。
そんな時代においては、
「ぶれない判断基準」をちゃんと身につけることが大事です。

当勉強会では、
そのぶれない基準を以下の3つで考えています。
「生理学」
「解剖学」
「バイオメカニクス(力学)」

これらの知識は
多くのヒトに共通する普遍的なもので、
揺るぎない判断基準となります。

特に
「バイメカ(力学)」は必須だと考えています。
これをしっかりと考えられなければ、
評価も治療もできないと思っています。
バイオメカニクスで学ぶ知識を使えば、
地球上でヒトが動く際に必要なことを考えることができます。

これらの超基本知識に基づいて考えることが、
ぶれない判断基準に基づいた
個別的で効果的な治療プログラムの提供に繋がります。

ぶれることの無い基礎知識に基づいて、
情報過多な現代においても揺らぐことのない
リハビリの基本軸となる考え方を深める。

ぶれない知識で、ぶれない自分軸をつくる。
ぶれない治療で、確実に成果をあげる。

当勉強会では、
個別的で効果的な治療を
あなた自らが考え出すために必要な基礎力を、
根本から養うことが目的です。

確かな身体評価
確かな運動療法
これらを現場で実践できるようになる。
その為のお手伝いをすることで、
勉強会へご参加下さった方々に貢献したいと考えております。

また同時に、
皆様のスキルアップをお手伝いすることで、
より多くの患者様の症状改善、
さらには再発予防に対しても貢献したいと考えています。

The workshop on physical exercise
代表 :三井祐紀

勉強会の開催日程・申込みはこちら
開催日程一覧・申込みページ

講座の紹介はこちら
講座内容紹介ページ

代表者プロフィール

早稲田大学スポーツ科学部 卒業
社会医学技術学院理学療法学科 卒業
取得資格:理学療法士 / NSCA CSCS

理学療法士として整形外科クリニックリハビリ部門責任者・併設トレーニング施設責任者を担当。その後、トレーナーと理学療法士それぞれの長所を活かしたコンディショニングサービスを展開してフリーランス活動中。

トップページへ戻る