腸腰筋が弱いという状態

こんばんは。代表の三井祐紀です。

「腸腰筋が〇〇で~」というと、たいそう立派なお話っぽく聞こえてしまう響きがありますね。
腸腰筋だけで1冊の本があるくらいですしね。
何か特別な役割がありそうな筋肉です。

そんな腸腰筋。
筋力評価で弱さを見つけたら、なんとなく介入しなければならない気がしてしまいませんか?
腸腰筋には、いろんな理屈がくっついてますから。

「弱いな」
「大事な扱いをされている筋肉だから、とりあえず強くしておいたほうがいいな。。」
では、股関節屈曲運動を。。。

弱い部分を強くすること自体は否定しません。
股関節屈曲運動を行って、筋に刺激を入れることには必要性もあると思います。

でも、股関節屈曲運動をしてもらっているだけで、他に手を打てていなかったら、、、
それは残念ながら「根本原因」にまで介入できていない残念な治療です。

なんで弱いのか?
ちゃんと考えてください。

筋力が強くなれば問題は解決するんでしょうか?
私はそうは思いません。
腸腰筋が弱いということが神経損傷によるものでないなら、その筋力低下にはまだまだ考えなければならない余地があります。

そもそも、その股関節屈曲運動は本当に腸腰筋に刺激が入っていますか?
これは経験則ですが、股関節屈曲運動に弱さがある方が単関節運動をしても、たいてい大腿筋膜張筋や大腿直筋などが優位に働いてしまって、肝心の腸腰筋には刺激が入りきらない傾向にあります。

腸腰筋が弱いという状態には、必ず「なるべくしてそうなった別の理由」があります。
弱いという状態は、何らかの結果でしかありません。
筋トレを行って一時的に筋力を改善できても、根本原因が改善されていなければ、筋トレをやめたその日から再び、筋力低下状態へと向かい始めます。

目につく異常だけに単独アプローチするのでは「その場しのぎ」のリハビリしか行えません。
いくつかの異常を統合して、頭の中でそれらの因果関係を判断して、根本改善が見込めるアプローチをする必要があります。
それができるようにならないと、「目につきやすい・わかりやすい問題点」に振り回されて、身体評価の時にはいつも頭がゴチャゴチャになります。

ちなみに、腸腰筋。
私的には「姿勢と上半身重心位置」「下部体幹による骨盤のコントロール能力」だけは少なくともチェックしておきたいところです。
その上で、下部体幹と股関節の運動協調性をチェックして、重心位置修正も含めてアプローチしていきたいなぁと思います。

 

The workshop on physical exercise
ホームページ
http://workshop-physical-exercise.jp/
Facebook
Facebookページ
LINE@友達登録(無料)
LINE@登録ページ
メルマガ登録(無料)
メルマガ登録ページ